終わりの見えない借金生活。なんとかしたい

毎日毎日、借金の返済に追われて苦しい。
このままだといつ返済し終わるのかわからない・・・。

先の見えない生活というのはとても不安ですよね。
いっそ、しらばっくれてみようか。

一人で思い悩むと、考えが鈍り、よくないことを考えてしまいがちです。
不安で苦しい思いを相談してみる。それだけで道が開けることもあります。

お金を借りたら必ず返さなければいけませんか?
はい。借りたお金は必ず約束した日までに返済しなければいけません。
もし、返済の日を過ぎると、遅延利息を取られることになります。

では、口約束だけの場合はどうなのか?
友人同士の場合であれば、お金を借りて、いつまでに返すというのを口頭だけで約束する場合も多いです。
その場合は証拠が残りませんから、返済日を過ぎても問題ないのではないか、と解釈することもできますね。

しかし、実際には口約束も、書類を交わしたものと同じ効力があり、債務者はお金を返す義務があります。
それだけ契約を結ぶというのは大変意味が大きいことなのです。

闇金融、違法業者からの借金の契約は無効?

ただし、約束を守らなくてよい場合があります。
それは、違法な契約を結ばされている場合です。
例えば、法定金利を超えた利息を払わされている場合、それが正式な契約書を交わしていたとしても、払う必要はありません。
(※元本を返さなくてよいとは限っていませんので注意が必要です)

また、契約自体が無効になる場合もあります。
それは、自分は借りるつもりが全くないのに無理やり貸し付けられた、いわゆる「押し貸し」や恫喝まがいに強制的、脅迫的に貸されてしまった契約などは、公序良俗に反する契約として、契約を破棄することができます。
こういった明らかに違法な契約には、闇金融の常套手段です。
「払う必要がない」と債務者本人が主張しても聞き入れない場合も多いので、その時はヤミ金専門の法律家に相談しましょう。

返済するか、合法的に借金を減らすかの2択

借りたお金はほとんどの場合、返済から逃れることはできません。
ただ、近年の貸金業法の改正で、総量規制が敷かれ、年収の3分の1までしか借りられなくなったことを受けて、違法業者から借りてしまうケースが増えている事実はあります。

また、相手が正規業者であっても、気づけば2社、3社と借り入れして、多重債務に陥り、返済不能となってしまうこともあります。
そういった場合、逃亡、夜逃げ、最悪の場合は自死の道を選んでしまう人もいますが、必ず解決の道はありますので、早まった判断しないでください。

その人にあった合法的に借金を減らす方法というのが必ずあります。
一般的には自己破産が債務処理の方法としては最も有名ですが、その他にも様々な方法で借金を減額することはできます。
そういった債務返済のノウハウについてこのサイトでは紹介していきたいと思います。

このページの先頭へ